キャッシングの利子に関するあれこれ


キャッシングには必ず利子が付く

当然のことですがキャッシングには必ず利子が付きます。この利子は各キャッシング会社によって異なっており、 以前は年利約29%という高い利子が付くこともありました。しかし近年の法改正によってたとえば信販系のキャッシング会社では年利20%が上限となり、 比較的安心して利用することが出来るようになりました。この利子がキャッシング会社では収益となり、 その他審査費用や初期費用などといった手数料は一切発生しないのが一般的です。
キャッシングをしたら毎月決められた日までに返済をする必要がありますが、 この時どうしてもお金が足りない場合には利子だけの返済も可能となります。 ただしこの利子だけの返済を続けているとキャッシング会社からの信頼が低下してしまい、 融資限度額の増額がされなくなったり、また下げられてしまうことがあります。例えば20万円の限度額いっぱいを借りていて利子だけ返済を続けていて、 10万円まで限度額が下がってしまうと、10万円になるまでただ返済専用のカードとなってしまうのです。 将来的にローンを組む時にも個人信用情報機関に返済事故の事実が残ってしまうと大きな障害となってしまいます。 このような状態になってしまわぬように、利子だけではなく決められた元金もしっかりと返済していくようにしましょう。



ページTOPへ